動くPOPで差をつける!スイングポップ比較サイト

home > スイングポップについて > 販促をするためにスイング形式のポップを使うコツ

販促をするためにスイング形式のポップを使うコツ

スイング形式のポップは棚に値札とともに掲示し、商品の特徴をアピールするために用いると有効活用できます。
商品の種類が多い時は販売を強化するために販促をすると効果的で、チャンスを逃さないようにすることが大事です。
スイング形式のポップは個性を活かしてデザインを決め、商品の特徴をうまく伝えると買い物を楽しんでもらえます。
販促をする時は利用者が探しやすいようにジャンルごとに分け、見栄えを良くして選びやすくなるように配慮すると効果が高いです。
店舗の売上は商品をそのまま陳列することだけでは結果が出ないため、利用者のニーズに応えて品揃えや販促をすることが求められます。
販促をするためにスイング形式のポップをうまく使うコツは商品の特徴をうまくアピールし、安心して購入してもらえるようにすることです。
初めて商品を購入する時は事前に特徴を知ると安心でき、うまくアピールしてリピーターを増やすと効果があります。



スイング式ポップで目に焼き付けよう

朝届く新聞を開くとたくさんのチラシが挟まっています。
スーパーのセールのお知らせだったりイベント開催のお知らせだったりと内容は様々です。
最近のチラシにはB紙一面に印刷されたダイナミックな物もあります。
でかいということはそれだけで目にとまります。
大きい紙を使うことは最も宣伝効果のある方法なのかもしれません。
ともあれ、宣伝に使うポップなどはインパクトがある方が効果が高いであろうことはうなずけます。
身近で使われているインパクト重視のポップと言えばスイング式ポップです。
よく店内で広告が帯状のものでぶらぶらとぶら下がっている物を見かけますが、あれがそうです。
あの広告は見方によって飛び出ているように感じるため、インパクトの大きさは折り紙つきです。
それでいて「話題の新作」と書いてあったら思わず買ってしまうことがあるかもしれません。
宣伝は人に認知してもらって初めて効果があります。
印象に残りやすい宣伝をすることは、単なる魅力訴求以上に集客効果があります。



スイングするポップを販売促進に利用するなら

ゆらゆらと揺れて人目をひくスイングポップは、様々な販売店で利用されています。
陳列棚にある商品の中でも特に印象づけたいイチオシの商品の販売促進に、またポスターの内容を強調する目的として、スイングするポップは、その動きと前方に飛び出た立体的な形で人々の視線を集めることができます。
使い方はとてもカンタン。
円・角型などの情報が記載された面がよく見えるように位置を決めたら、取り付け部の両面テープを貼りたい位置に貼るだけです。
もちろん記載する内容を必要に応じて印刷することができます。
たとえば、新商品であることや売れ筋の商品であることを示したり、商品名や商品画像を入れ、その商品がそこにあることを知らせたり、商品自体の認知を促すために使うこともできます。
スイングポップはアイデア次第で様々な利用方法が考えられるでしょう。

次の記事へ