動くPOPで差をつける!スイングポップ比較サイト

home > スイングポップについて > 人目をひくスイングするポップが販促に役立つ理由

人目をひくスイングするポップが販促に役立つ理由

スイングポップという名前は、まだそれほど一般的に知られているものではありません。
でもその実物は知らないうちに目にしているかも知れません。
多くの販売店において、商品が陳列されている付近やレジまわりでもよく利用されています。
前に伸び、飛び出ているかたちは、サイズが小さくても動きがあるので、視界に入ると思わず見てしまいます。
空気の動き程度の小さな風が当たっただけでもユラユラと揺れスイング。
人の目をひくポップです。
目玉商品、新商品であることを表示するなど、印刷をおこなう会社で、さまざまな用途に合わせたデザインのものを作成することが可能です。
記載する内容ばかりでなく大きさ、素材、形も大抵の場合、選べるようになっています。
売りたいものを強調し販売促進に利用できるスイングポップ。
用途に合わせて活用してみてはいかがでしょうか。



スイングするポップを使って販促をするコツ

スイングするポップは棚の値札とともに使うと商品の特徴をアピールでき、利用者が興味を持ちやすくすると効果的です。
商品を売る時は販促をしないとチャンスを活かすことができないため、新しい種類があればうまく使えることが求められます。
スイングするポップは棚の場所によって角度を変えることができ、利用者が見やすくなるように配慮することが大事です。
販促をするコツは商品の特徴をうまく使えることを心がけ、注目されるようにデザインや文字の太さや色を決めると効果があります。
店舗の売上はいかに商品を売るためのコツをつかみ、相手のニーズに応えられるようにアピールすることが重要です。
スイングするポップを使って販促をするコツは商品の特徴を分かりやすく伝えることを意識し、遠くからでも見やすくなるように作成すると役に立ちます。



購買意欲促進に役立つスイングするポップ

さまざまな商店で、商品名や商品の特徴を書いたポップはいまや不可欠なものとなっています。
そのなかでも狭い陳列棚に多くの商品が並ぶ形態の店舗では、なるべく省スペースながら、効果的に人の目を引き、購買意欲を促進させられるものが求められています。
スイング・ポップと呼ばれる、立体的で少しの風や振動で揺れるものは、比較的小さなものでありながら人の目につきやすいため良く利用されるようになりました。
紙やプラスチック素材でできていて、一枚のシート状になっているものを両面テープを利用し設置するもののほか、紙やプラスチックでできたポップ部分と別に、アーム部分が細いテグス状の金属やプラスチックでできていて、組み立てて使用するものなどがあります。
どちらも店舗での宣伝効果が高いアイテムですが用途や設置場所により使い分ける必要があります。

次の記事へ