動くPOPで差をつける!スイングポップ比較サイト

home > スイングポップについて > スイングするポップは目を引きます

スイングするポップは目を引きます

宣伝で使われているものの中に、スイングするポップがあります。
棚に陳列している商品を目立たせるために使われるのですが、風で動くため目を引きます。
ちなみに、形も円形や角形などがありその場の雰囲気に合わせて選ぶこともできます。
最近は、特注になりますが形を変えて依頼できる業者もあり、より宣伝効果を高めることができます。
そして、デザインに関してもテンプレートを用意していることもあり参考にすることができます。
とはいっても、文字が小さかったり絵がないと目立たないので、その点はバランスをよく考えて行う必要があります。
素材に関しては、コート紙とポリプロピレンがありますが、長く使うことを考えるとポリプロピレンとなります。
設置するにあたってたくさん貼るのではなく、目立たせたい部分だけを集中的に貼ったりする工夫もポイントです。



スイングする動きのあるポップの活用方法

スイングポップは、使用する目的に応じたデザインが可能です。
イチオシの商品であることや、新発売した商品であることなどを分かりやすく表示でき、比較的小さなスペースで目立たせられます。
デザインばかりでなく、大きさ、素材、形も選んで作成できます。
前方ひ飛び出したかたちは、小さなサイズでも目立ちます。
また、微風によってもユラユラ揺れ、スイングするこのポップは、人の目を引きつけます。
まだあまりスイングポップという呼び名自体はポピュラーなものではないかも知れませんが、スーパーマーケットや、電化製品店をはじめ多くの商店で利用されています。
特に陳列棚の商品のアピールや、レジ横の広告、ポスターの内容の強調など、誰でも一度は目にしたことがあるでしょう。
アイデア次第で、さまざまな販売促進に利用できる可能性があります。



販売促進に活用できるスイングするポップ

陳列棚の商品のそばでユラユラ揺れるスイングポップ。
お店で見かけたことがある方も多くのではないでしょうか。
薄いプラスチックのシートが手前に飛び出たかたち、ちょっとした風で動くので、つい見てしまいます。
新発売の商品や人気の商品ということを示す文字や記号のデザインのもの、また特に売れ筋商品の場合、写真とともに商品名も載せたフルカラーのデザインのものも見かけます。
また一枚のシート状のものや、組み立て式のものもあり、設置の仕方には違いがあります。
これらのスイングポップは、印刷やデザインをする制作会社に依頼し作成することが可能です。
大きさや形状、素材も選ぶことができます。
多くの会社で、この制作を行っており、素材やデザインの幅もそれぞれの会社によって違いがあります。
必要に応じて比較検討し、注文するのがオススメです。

次の記事へ