動くPOPで差をつける!スイングポップ比較サイト

home > スイングポップについて > スイングするポップで商品をアピールする

スイングするポップで商品をアピールする

店舗などでは多くの商品を取扱い販売を行っていますが、多くの商品の中で目立たせてお客さんから購入してもらえる様に、会社では商品の梱包やデザインなどに工夫を凝らしています。
そしてこれ以外にもスイングするポップを商品棚に設置する事でもお客さんの視線を集めて購入アップに繋げることも可能です。
これは様々な形状や大きさが有りまして、多くの商品の中から最適な物を選定して行く事が可能です。
これらの商品選定に際しては、比較サイトを活用する事がお勧めです。
ここでは複数の会社のスイングポップの特徴を比較しながら購入検討を行えます。
例えば風を受けた際の揺れ方の大きさであるとか、或いは色の種類の選定も大切なポイントでして、これは目立ち度合いを大きく左右します。
そして気になる販売価格についても各社を比較して検討する事が可能です。



スイングするポップは小さくても効果がある

お店などでは、いかに売りたい商品をアピールするかがあります。
人気がある商品は、お客さんがそれを探して買ってくれます。
でも、売りたい商品は必ずしも人気があるわけではなく、いい商品だとしても知らなければ手にも取ってもらえません。
そこでポップを使って商品を引き付ける場合があります。
ただ、小さい商品がたくさん並ぶところに大きなものを取付けることはできません。
とはいえ、その商品部分に貼り付けているだけだと、商品を並べているのと変わりありません。
誰も見てくれません。
スイングタイプのポップは、商品の前などに取付けておくタイプで、ゆらゆら揺れる構造になっています。
何かが揺れていれば、離れたところにいる人もつい気になってきてくれます。
そしてその内容を読んでくれます。
納得してくれれば商品を手にしてくれるでしょう。



スイングするポップは適度に使いまわし可能

販促のためのツールとして、ポスターなどがあります。
店頭に貼ったりすることで、お客さんの目を引くことができます。
大きなポスターは意外に長く使えません。
テープなどで壁に留めますが、長く貼っていると破けます。
日焼けして見た目が悪くなることもあります。
比較的こじんまりした販促ツールにスイングタイプポップがあります。
広告部分を貼り付けるのではなく、広告部分は浮いた状態になっています。
店内などだと、空調などの風の動きでゆらゆら動きます。
売りたい商品であったり、レジ前などでアピールするのに使います。
こちらは、長く使えるメリットがあります。
ポスターのように大きくないので、揺れたとしてもそれほど大きな力は加わりません。
紙でできていますが簡単には破れません。
内容によっては、他の商品の広告に使うことができます。
少しストックしておけば、それを使いまわしできます。

次の記事へ