動くPOPで差をつける!スイングポップ比較サイト

home > スイングポップについて > ゆらゆらスイングするポップを販促に利用する効果

ゆらゆらスイングするポップを販促に利用する効果

小さな形状のスイングポップは、狭い場所でも効果的な宣伝になり、手軽な販売促進として多くの商業施設で利用されています。
人が横を通った際の微風でも、ゆらゆらと揺れるさまは目に付きやすく、前方に飛び出すような立体的な形も、見た人の目を惹きつけ関心を持たせます。
形状には円形や四角形をはじめ、さまざまな種類があるほか、ポップ部分とアームの部分が一枚になっているものや、アーム部分が別になっていて設置の際に取り付けるものなどもあります。
素材にもいろいろあり、厚手の紙でできたもの、またプラスチックでできたものが一般的な商店において利用されていることが多くあります。
しかしイベントなどの目的や設置の仕方によっては、それ以外の素材のものも利用するとよいでしょう。
スイングポップはアイディア次第で多くの可能性があるといえます。



陳列棚に設置するスイング系のポップ

お店では色々な販促用品を見ることが多いですが、スーパーなどにあるのがスイング系のポップです。
ゆらゆらと上下左右に揺れるのが特徴で、通路を歩いているお客さんがつい見てしまうのが魅力です。
この販促用品は陳列棚に設置されていることが多く、商品の近くに設置することで宣伝効果が高まります。
陳列棚に設置する場合には写真やイラストがおすすめで、たくさんの商品が並んでいる場所なので目立たせるのがコツです。
食べ物などであれば料理の写真を載せると、美味しそうな料理の写真に目がとまります。
揺れているスイング系のポップは、美味しい料理の写真を更に目立たせてくれます。
文章よりもわかりやすい写真はおすすめで、すぐに写真を見れば何を宣伝しているかがわかります。
また商品の情報を入れれば、お客さんに安心感を与えることもできます。



レジ周りに置くと効果的なスイング風ポップ

ゆらゆら揺れて可愛いスイング風ポップは、色々な形があるので目立つ販促アイテムです。
この販促アイテムはコンビ二などでも使われ、特にレジ周りなどにも利用されています。
コンビ二などお店ではレジは宣伝効果が高い場所で、商品を購入し会計をした時に目に入るようになります。
お店ではおすすめ商品や一押し商品など、アピールしたいものをレジ周りに置くときにピッタリです。
その際におすすめな使い方に擬音語があり、つるつるやふわふわなどのイメージを表す言葉になります。
スイング風ポップには擬音語の言葉でアピールし、たくさんのお客さんが目にする場所に設置するのがコツです。
特に女性をターゲットにした商品の場合、擬音語でのアピールは心理的な効果が高くなります。
可愛らしいイラストなどを付ける事で、更に購買意欲を上げる相乗効果につながります。

次の記事へ